庄野雄治 短篇集『たとえ、ずっと、平行だとしても』

DATE: April, 2019
CL: Deterio Liber
aalto coffee庄野雄治さんの小説短篇集『たとえ、ずっと、平行だとしても』の装幀を担当しました。
流通や広告の象徴である「カバ一」を外したような、剥き出しの綺麗な本を目指しました。
音楽レ一ベルのde.te.ri.o.ra.tionに文庫部門「Deterio Liber」より発行される当本の佇まいは、
庄野さんやレ一ベルの態度を体現しているようです。

←back