Yokoyama Yu
illustrator / art director / graphic designer
1988 born in Tokyo, Japan.
2010 graduated from Kuwasawa Design School.
I'm making illustrations and graphic designs.
mail. mail@yokoyamaanata.com
twitter. @yokoyamaanata

more profile (japanese)

(C) Yokoyama Yu.

Archive
exhibition


大阪のyolchaで二人展をします
イルボンさんの140字の詩に、わたしは挿絵ならぬ挿立体を添えて展示いたします 11/5-7は在廊予定です。
いろいろ思い入れ多く、今回珍しくステイトメントを書きました。



『創作の家路』

横山雄

私はデザイナーあるいはイラストレーターですが、この度は立体造形を制作して展示しております。その経緯は、紆余曲折とまでいかぬ小さな曲がり道でした。

2年前にわたしは東京で初めて展示をしました。その時は特に仕事のことも考えず、自分が良いと思って描いたものをそのまま飾っていました。漫画や絵画から入った人間ですが、デザインの勉強をし、そういった職に就きながらもずっと絵が好きでしたので、イラストレーターとして仕事がしたいとは思っていました。しかし80年代回顧やミニマルなイラストレーションのような今の時代に則した絵を描くこととどうも馬が合わなかったので、その時は無自覚で漠然と「芸術という文化をイラストレーターの領域に持ち込んで描けたら、それを汲み取ってくれる人の目に止まってくれるだろう」と思っていました。
ですが実際のところ中々それでは仕事にはなりませんでした。その返信として去年の個展で「絵は仕事として使いやすいものに調節した上で、それをデザインで使用してレイアウトしてもらったパッケージまでを全て絵にしてしまおう」という展示をしました。それは随分評判が良く、賞や仕事にも繋がることになりました。しかし一つ重要な欠点がありました。イラストレーションとして絵が使用され始めると、一つのメタ要素によって構成されていた作品群は普通のイラストレーションと変わりなくなってしまいました。イラストレーションの仕事は大変ありがたいことです、実のところデザインの仕事よりも心の負担もなく、そして大切に扱われてお仕事をいただいているのを感じます。(それは、デザインの方が必要性から生じる仕事が多いからかもしれません)しかしこのバランスでイラストレーターになってゆくことに疑問を感じる矛盾を抱えることになりました。

そんなタイミングにイルボンさんより二人展のお誘いをいただきました。ギャラリーのオーナーと二人展、しかも立体でありほぼ合作のインスタレーションです。もはや私は何者でもなくなりました。コンセプトや新しい表現への度重なる試作(あるいは思索)から何度も山奥へ逃げようかと思いました。大きく変わる条件の中でも変わらぬ私のものづくりとはなんでしょうか。一から考え直し、私が焦がれていた芸術というものにもう一度立ち返って制作をすることにしました。そして、芸術に焦がれているものがイラストレーションにその文化を持ち込んだという物語に、「しかし、当然ながらそれは一種の贋作であって、そのものになることはできなかった」と続きを添えることにしました。

わたしたちはピカソになれなかった。マティスになれなかった。イブ・クラインになれなかった。ジャコメッティになれなかった。シーレになれなかった。しかしそれでいいのではないでしょうか。クートラスのように紙片を拾っては美しいものに向き合おう。サプールのように堂々と着飾ろう。こんなの似合わないわって言いながら粧し込んで欲しい、きれいだ!と笑って喜び合おう。
そんなためにわたしはものを作っていたのだ、そう思えた時至極まっとうな気がしました。謝肉祭で音楽に乗って踊るように、家庭の中で受け継がれる不細工な刺繍のように、わたしたちはものを作っていれば、それが素晴らしいことだったのですね。文明の成長に合わせて産業革命や芸術の台頭がある中で忘れられていたのは、そんな民芸の感覚ではないでしょうか。

イルボンさんの百四十字の箱庭と同じように、わたしたちの手のひらに戻ってきた芸術もほんの小さなものですが無限の輝きを放っているように思います。
派手な展示ではありませんが、知らない駅で下車をしたようなそんなささやかな楽しみになれば幸いです。



2016.11.5(sat)~11.20(sun)
14:00~20:00 火曜定休
Closed on Tuesdays

詩人のイルボンがtwitterを用いて140字ちょうどの詩を綴るシリーズ「百四十字夜行」。その詩を書き写した原稿用紙をひとつの舞台セットとして捉え、そこに登場人物を配置するようにイラストレーターの横山雄が立体を添えます。140字という限定された言語空間と、シンプルな造形物からイメージされる小さな独白の舞台をご覧ください。

[Opening Event]
11.5(sat)6(sun)
「横山雄の一筆挿絵館」
14:00~20:00(受付19:00まで)
こちらでご用意した140字詰めの用紙へ自由に言葉を埋めていただきます。
あなたの綴った言葉に横山雄がその場で挿絵をつけます。
1枚/¥1,500(+1drink)

http://yolcha.jimdo.com


表参道ROCKETでの企画展に参加いたします。
展覧会とはどういう文脈にあるのか、ちょっと立ち止まって考えて、作品を作りました。どうぞ見にいらしてください。

http://omotesando-rocket.tumblr.com/post/146383649889/50名のイラストレーター-モードな表現-in-my-mode

(以下ROCKETサイトより)

2016.07.01.fri − 07.13.wed

11:00-21:00 / 11:00-20:00 (on Sunday) / 11:00-18:00 (7/13)

OPENING RECEPTION : 07.01.Fri 19:00-21:00 at OMOTESANDO ROCKET

雑誌や広告で活躍する気鋭のイラストレーター50名が、モードを自由に表現したらどのような作品になるのか? モードをテーマに展開するギャラリー&ポップアップショップスペースとして、今春あらたにスタートした表参道ROCKETにて、モードをテーマにしたイラスト作品によるグループ展「IN MY MODE」を開催します。モードにまつわるそれぞれのオリジナリティあふれる作品を展示&販売するほか、作品集やグッズなどもあわせて販売。それぞれのスタイル、それぞれの手法、それぞれのタッチによる50の作品から、今旬なイラストレーションの世界を感じてください。



【参加イラストレーター】

ancco、安藤晶子、井内愛、石井理恵、伊波英里、植田志保、瓜生太郎、老沼果帆子、大橋美由紀、オオマエメグミ、鬼頭祈、goo、Grace Lee、黒田愛里、小幡彩貴、近藤佳代、ササキエイコ、佐々木香菜子、Sal、宍戸未林、JUN OSON、super-KIKI、惣田紗希、そで山かほ子、高橋将貴、竹田匡志、竹丸たかゆき、竹本綾乃、dabstar、寺本愛、徳丸ゆう、利光春華、toba fumihito、永岡裕介、ナガタニサキ、中村桃子、西川真以子、西田真魚、norahi、原裕菜、フクモトシンジ、堀道広、Mai Tsuda、Mitsui、ミヤタチカ、山浦のどか、山崎若菜、YUTA OKUDA、横山雄、RYOTA MURAKAMI (敬称略・50音順)


展示に参加します。
ookamigoccoさん企画、mississippiさんと3人展です
ブックギャラリーポポタムにて

-以下ポポタムwebより-

会期:2016年6月4日(土)~6月13日(月)
時間:平日 13:00~20:00
土日 13:00~19:00
※最終日は17:00終了
休廊日:水・木
入場料:無料

◎6月4日(土)18:00よりオープニングレセプション
渡邉和三郎 投げ銭ライブ 19:00〜20:00

企画・立体:ookamigocco
平面:mississippi
平面:横山雄
音楽:渡邉和三郎

「Lost fur」とは架空のいきもののこと、あるいはファーの欠片や迷子のファー。
今展ではookamigoccoが立体、mississippi、横山雄が平面作品で「Lost fur」を表現します。 また会場音楽制作として渡邉和三郎も参加。オープニングレセプションで演奏します。ぜひ足をお運びください。
※横山は土日在廊予定です

本日より第33回ザ・チョイス大賞展が始まります
市ヶ谷の山脇ギャラリーにて23日まで。
●連動企画
入賞作家展(新作) 5/30-6/19 代々木VILLAGE コンテナート
大阪巡回展 5/30-6/9 平和紙業(株)ペーパーボイス大阪
と、長い期間ずいぶんとお世話になります。
大賞展は受賞作のリトグラフです。去年の個展に来られなかった方など、お近くにお越しの際はお立ち寄り下さると嬉しいです。
代々木は新作、自分にしては珍しく大きく絵を描きました
両方とも在廊はいたしませんが、普段の展示と同じような気持ちで、お待ちしております。

————————————

第33回ザ・チョイス大賞展・開催概要

◆会期 2016年5月11日(水)~23日(月)
11:00~18:00 日曜日休
◆授賞式 5月11日(水)18:00~19:30
◆会場 山脇美術専門学院 山脇ギャラリー
東京都千代田区九段南4-8-21
市ヶ谷駅から徒歩1分
☎03-3264-4027
http://www.yamawaki-gallery.com

主催 玄光社「イラストレーション」編集部
後援 山脇美術専門学院
特別協賛 ターナー色彩株式会社
協賛 共同印刷株式会社、日本製紙株式会社、バニーコルアート株式会社、二葉紙業株式会社、有限会社アート・八王子
特別協力 株式会社ディクソン、株式会社スプーン、ROOTOTE(ルートート)、

巡回展 大阪展
2016年5月30日(月)~6月9日(木)
会場:平和紙業株式会社ペーパーボイス大阪
大阪市中央区南船場2-3-23 ☎06-6262-0902



第33回ザ・チョイス大賞展 連動企画

連動企画1
「トートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)とコラボレーション」
15年度の入選作品をプリントしたトートバッグを受注販売。
受注期間 5月11日~6日19日
販売 ルートートギャラリー楽天市場店
http://ROOTOTE.jp/choice33th

連動企画2
「ザ・チョイス入選作品 WEBギャラリー」
15年度のザ・チョイス入選作品をWeb Gallery SPOON内で閲覧が出来ます。
期間 2016年5月11日~6日19日
http://webgallery.spoon.co.jp/choice2016

連動企画3
「ザ・チョイス入賞作家展」
15年度入賞者たちによる新作をコンテナートにて展示するサテライト展です。
期間 2016年5月30日~6月19日(13日休)
会場 コンテナート(渋谷区代々木1-28-9)
http://www.contenart.jp/ 

ブックレーベルのDOOKSの京都のprinzでの展示に参加させていただきます。
窓辺にての原画をいくつか展示させて頂きます。

http://www.dooks.info/00-News-dooks.html

DOOKS Book Exhibition Vol.2
DOOKS、第2回目となる展示会を京都のprinzにて開催いたします。本とそれに合わせた原画等の作品が一同に並びます。関連商品もご用意いたします。ぜひご覧下さい。
[日時]
2015.10.31sat-11.15sun 11:30-23:00(最終日のみ17:00まで)
※11月3日、貸切のため日中はクローズします。
[参加者]
asaru, EINSTEIN STUDIO, Koichiro Takesue, Makiko Minowa, Nami Hirao, Sakurako Oidaira, Yu Yokoyama & Tarou Ichikawa, Yusuke Omata, Yutaka Nozawa, and More
[場所]
prinz
京都市左京区田中高原町5/叡山電車茶山駅より徒歩4分/Tel 075-712-3900/Fax 075 712 3903/Mail prinz@prinz.jp/http://www.prinz.jp

[関連イベント](同時期開催)
1. EINSTEIN STUDIO
DOOKSで制作の協力、販売をしている
写真集HUNGRYのイベントを開催します。
HUNGRYポップアップショップ
10.31-11.15 @YUY BOOKS(京都)
HUNGRY ISSUE.5 グループ展
10.31-11.8 @ozasahsyashi_project(kumagusuku 1F/京都)

2.さんまるよん
DOOKSの本を含めたイベントを開催します。
10.31-11.15 @FORT by PORT(東京)


1年前の個展を振り返ると、ランドマークはずいぶんと遠く見えるなあ。
自分も周りもほんとうによく頑張った。みなさんお疲れさま。

HADEN BOOKS:での展示「Pages」は7/5(sun)まで会期延長となりました。
ぼくは土曜日と、日曜日の夕方に在廊予定です。

タイミング合わずにご覧になれなかった方など、ぜひともお越し下さい。


「Pages」
6/23 (tue) – 30 (tue)
HADEN BOOKS:by Green Land (南青山)
http://www.hadenbooks.com

1年ぶり東京個展は、本を描いたリトグラフとドローイングの新作です
時間は12:00 – 21:00です
初日23のみ19:00 – 21:00で、その日ささやかなレセプションパーティをいたします
20:00より、展示のご縁のきっかけとなったライブで共演した山田俊二さんがピアノ演奏をしてくれます
今回は皆さんと一緒に演奏が見れる うれしい

久々にじっくりと作り込んでいます
大体毎日いると思いますので、みなさんとお会い出来るのを楽しみにしております


ポポタムの企画展 架空バンドTシャツの展示・販売に参加いたします。
こちらもシルク印刷実演販売、ママクリオ、柴田聡子さんのライブがあります
ほんとお祭りみたい
仕事では作らせて頂いてたけど、はじめてのオリジナルTシャツです。
僕の愛する動物のことについてのTシャツを作りました。


会期:2015年3月13日(金)~3月24日(火)
時間:12:00~19:00 金曜は〜20:00
※初日は17:00〜20:00、最終日は17:00終了
休廊日:水曜、木曜
入場料:無料

イラストレーター、絵本作家、デザイナー、ミュージシャンらが妄想した、架空バンドのTシャツのセミオーダー企画。13(金)14(土)15(日) 秋田のTシャツ工房・6jumbopinsによるシルクスクリーンプリントの実演販売あり。その場でオーダーできます。
15(日)13:00〜14:00 ママクリオ「投げ銭!ライブ」
16(月)20:00〜21:00 柴田聡子「目白ひっそりライブ」1500円+1drオーダー

参加作家

伊野孝行 今井 杏 うえむらまさゆき エグチクミコ
會本久美子 小田島等  鬼頭 祈 京野 誠 柴田聡子
俵谷哲典 とりごえまり ひろせべに
ポン豆ヤ mississippi 山川あかね 横山 雄 吉田 晃


西荻窪のtokiにて企画展をいたします。

CINEMA EXHIBITION
( illustration of cinemas )

2015/01/21(wed) – 02/02(mon)
COFFEE&EAT INN toki / ギャラリー分室
http://www.wwpp.jp/toki.html
15:00 – 24:00 (last day 20:00 / Tuesday closed)
※併設店 tokiとの合同企画展の為、要オーダー【カフェタイム500円・バータイム1,000円より】
※※イベント等により、休廊する場合がございます。その際はtwitter(@nishiogi_toki)またはFBよりアナウンスさせていただきます。
167-0042 東京都杉並区西荻北3-18-10 2F

[special live event]
Tsutomu Satachi live
Tsutomu Satachi (g.vo) mangneng (steel pan) Hiroki Chiba (wood bass) Takumi Ito(sax)
1/25(sun) open 17:30 start 18:00 ¥2,000 (w/1drink)
ご予約・お問い合わせ infotoki@wwpp.jp

筆を執るとき何処かを想う。時に宛先は現実を離れ、フィルムの中にもなります。
映画に趣向や縁のある5人のイラストレーターが、それぞれの胸中に映る映画を描きました。
本展は、絵によってリメイクされた映画たちのCINEMA EXHIBITION(映画祭)です。
ぜひともご来場下さい。

横山雄 (キュレーション)


網代幸介 Kosuke Ajiro
http://kosukeajiro.tumblr.com

箕輪麻紀子 Makiko Minowa
http://makikominowa.com

宮田翔 Sho Miyata
http://shomiyata.blogspot.jp

生平桜子 Sakurako Oidaira
http://sakurakooidaira.tumblr.com

横山雄 Yu Yokoyama


今回はキュレーションもさせていただきました。他の作家さんがどの絵を描くかも当日までわからない。あれかな。いや、あれかな。
ぼくは1/23以外の平日は19時半ごろ〜23時すぎまで。土日は終日在廊予定です。


Group exhibition “Ann”
2014.11.12(wed) – 11.21(fri) 12:00-19:00 (最終日 -17:00)
場所 ユメノギャラリー(三鷹駅からスキップで1分)

オオタサトシ
ノブカネユミ
カシワイ
はち
横山雄

グループ展に参加しています。
架空の少女Annについての絵。
みなさん可憐な少女を描くのがとってもうまいです、ぼくもぼくなりにAnnってどんな子かを考えて絵を描きました。
ぼくは15日、16日の土日終日在廊いたします。

ご都合よろしければぜひいらしてください。

より良くなって、また西へ
まだ叶わない背伸びの気持ちを、いつもポケットの中に

今回個展のDMを学生時代の同級生のデザイナー、金森彩さんに制作してもらいました。
A5の変形サイズ。とっても厚い厚紙!
ストレートでいて余白とサイズが気になる、手に取って厚みが気になる。
風通しが良いけど違和感のある、DMと人とのコミュニケーションのつくりかた。
関西の展示なのでちょっとハードボイルドな見た目で作らないとなあと、当初ぼんやり考えていました。
だけど、彩ちゃんに絵を見てもらってすぐに「絵柄面は文字を載せないでストレートに行こう!」って言ってくれて、
ぼくは実はそれが少し嬉しかったのでした。
デザインと合わさっていっそう光る絵もあるけど、この絵は文字を載せないで行こうって思ってくれることは、絵描きとしてはなんとなく誇らしいことに思えたのです。

北川一成さんが、捨てられないような印刷物について話していたことなどを思い出します。
今回のDMも、受け取った人が机や壁に飾っておけるようなものになりました。
少しでも長く誰かの手元に残ってくれることが嬉しくて、それは販促物のDMにとっても、原画と等しく願いなのだと思います。

9/4(火)-9/21(日)まで、大阪のgallery yolchaさんにて個展「もうすぐそこへ行く」を行います。

絵描きの矢野ミチルさんが去年の年末にyolchaにて展示をされる際、ぼくにDMをお願いしてくれたのだけど
yolchaのイルボンさんがそのDMをとても気に入ってくれて、そこから絵や漫画を気に入っていただいたのがきっかけでした。
実は5月の展示の前に頂いていたお話なのですが、折角なら巡回展ではなく新作で臨みたくて、すこし時間をずらしていただきました。

西で展示をやるなら一緒に何かやろうね、と言っていた十年来の旧友の、演出家の市川太郎くんに短文を書いていただき、
それに合わせてぼくが絵を描くという作品群などを展示いたします。

こないだ初個展でしたが、なんと次は関西初個展です。
せかせかしいですが、展開は早い方が楽しいよね。


「もうすぐそこへ行く」

横山雄
solo exhibition

9/4(tue) – 9/21(sun)

gallery yolcha
090-3673-0337
〒531-0072 大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内
http://yolcha.jimdo.com
14:00 – 20:00

closed on tuesday

関連イベント 「drawing room」9/6 (sat) 9/7(sun) 14:00-20:00
¥1,000(1drink付) 1人10分
※ご予約の方優先 イベント中も展覧会はご覧頂けます

drawing roomとは応接間のことです。横山雄があなたのポートレートを描き、ホストのイルボン(詩人)がドリンクを提供し詩を読みます。お気軽にご参加下さい。


横山は9/4-9/8まで在廊予定です。
普段お会い出来ない関西の方など、お会い出来たら幸いです。










暫く経ってしまいましたが、無事個展「馳せる」を終えることが出来ました。
お越しいただいた方、ご購入いただいた方、気にかけていただいた方、ありがとうございます。
毎日が楽しく、魔法のような時間でした。
ものは作り続けてきた人生でしたが、「作家」などと名乗ってものを出すことは初めてのことでした。
はじめるということは、続けるということ。
皆さんの期待に応えられるよう、精進いたします。
幸いにも8割近くの作品を購入頂いて出て行くと思っていた活動資金がかえってきました。
皆様に生かされているなと思います。

今年はまた展示の予定があります。お会いできる日に想いを馳せて、また絵を描きます。


今回個展のDMを学生時代の同級生の山﨑将弘くんに制作してもらいました。
四つ折りのA2変形サイズ。ヤマの実直な人柄の出るデザイン
自分なら選ばないであろうレイアウトや紙(コート紙は初めて使った)を使用するのはもちろん、作る人によって、どういうディレクションやデザインをするのか、すごくためになることばかりだった。戸惑うこともあるし、信じて飛び込むこともある。デザインを発注する人の気持ちが少し分かった気がする。

学生時代に写真集の課題があっても、カメラ自分・モデル自分で作るくらい人に頼むのが苦手でした
人にお願いすることもっと上手くなろう 良い展示にします。


DM設置場所

ブックギャラリーポポタム(池袋)
創形美術学院(池袋)
SFT 国立新美術館B1 SHOP (六本木)
桑沢デザイン研究所(渋谷)
ユーロスペース(渋谷)
Utrecht/NOW IDeA(青山)
Gallery子の星 (代官山)
USED&VINTAGE CLOTHING KATACHI(祐天寺)
CAVE246+(池尻大橋)
現代HEIGHTS(池ノ上)
COFFEE & EAT INN toki(西荻窪)
CURRY BAR シューベル(西荻窪)
FALL(西荻窪)
ウレシカ(西荻窪)
ブックハウス神保町(神保町)
ギャラリー福果(神保町)
ギャラリーシャコ(雑司ヶ谷)
ポルトリブレ(新宿)
楽風(浦和)
totoru(茗荷谷)
敬称略

手創り市(雑司ヶ谷)
みちくさ市(池袋周辺)
上記イベントでも入手できます。
ぜひ実物を手に取って、横長さと白さを見てみて下さい。

5/9 – 5/20 池袋ブックギャラリーポポタムさんにて個展「馳せる」を行います。

今まで個展を行うことは無かったのですが、
創作に目印を立てていくようなイメージで
自分が迷わずに絵を描いていけるように、
展示会を開催することに決めました。

池袋は生まれ育った町から一番近い大きな街で、
思い入れの強い街の一つです。
とはいうものの、10代のころは池袋のことを良く知らなくて。

池袋モンパルナスという芸術運動があったこととか
夏目書房という老舗の古書店のこととか
新文芸座という目利きのいい名画座のこととか
ミュージックオルグというインディペンデントなライブハウスのこととか
F/Tという演劇の大きな祭典のこととか
手創り市という雑司ヶ谷のバザーのこととか
自由学園明日館という素敵な文化財のこととか
今は無くなってしまった、アトリエベムスターという北池袋のバーギャラリーのこととか。

ブックギャラリーポポタムも、20代になって出会った場所です。
セレクトされた本が並び、奥にはギャラリースペースがあり、
オーナーの大林さんを初め、集まる作家さんはみんな、優しい人たちです。

まだまだ至らない部分、多々ありますが、
いつもお世話になってる方も、久しぶりな方も、はじめてお会いする方も、
お気軽にお越しいただけたら幸いです。

「馳せる」

横山雄
solo exhibition

5/9(fri) – 5/20(tue)

ブックギャラリーポポタム
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-15-17
tel. 03-5952-0114
http://popotame.m78.com/shop/

12:00 – 19:00 (fri : 20:00)

closed on wednesday / thursday

オープニングレセプション 5/10 (sat)
17:00 syunji yamada(piano) × 横山雄(paint)

「わたしでない、圧倒的なあなたへ。
遠いところへ手紙を書くこと。」

愛しい瞬間、うつくしい景色、知らない場所、時間__ものをつくりたいと思うとき、
心はどこか遠くを想っていることに気づきました。
「馳せる」とは、「遠くを想う」「速く駆ける」「広く行き渡らせる」という意味があります。
遠いところへ手紙を書くように想いを巡らせ、そこへ届けるようにイラストレーションと漫画を描きました。
あなたのところにも便りが届きますように。

mail@yokoyamaanata.com
http://yokoyamaanata.com/